山本安志法律事務所
PC版はこちらです


相続に関するお悩みに、弁護士8名の体制でお応えします。平日・夜間・土曜日法律相談を実施しています。


相続に際しては、誰が相続をするかということを確定する、相続人調査を実施する必要があります。


相続人調査とは

相続人調査は、相続手続きの中でもっとも基本的かつ重要なものです。 調査を行うと、意外なところに他にも相続人がいたりします。
なぜ、相続人調査が重要なのでしょうか?

相続が発生すると、亡くなった方の財産は相続人に自動的に相続されます。この財産は遺産分け(遺産分割協議)が終わるまでは相続人全員のものになります。相続人全員のものということは、遺産分け(遺産分割協議)をする際、相続人全員の合意で行わないと、法的には無効になってしまうのです。

他に相続人はいないと信じている場合や、他に相続人がいると知っていて(付き合いのない兄弟や、愛人の子等)それらの相続人を無視して遺産分割行儀を行っても、法的には無効です。


相続人調査の方法

相続人調査は、故人が生まれた時から亡くなるまでの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本を取得することから始まります。更に、故人の子などの戸籍も集めます。つまり、法律上相続人であるのは誰なのかを調査します。
戸籍・除籍謄本は、本籍地の市区町村の戸籍担当窓口に直接請求するか、郵送で請求することで取得できます。本籍地の役所以外で、取得することはできません。

【具体例】
・親の相続
 親が生まれてから亡くなるまでの戸籍を調査し、他に子供がいないか調査します。
・祖父(祖母)の相続
 祖父(祖母)が生まれてから亡くなるまでの戸籍を調査し、その子を調査します。その子が亡くなっていれば、孫、ひ孫等調査をします。
・兄弟の相続
 兄弟の親が生まれてから亡くなるまでの戸籍を調査し、兄弟が何人いて、誰なのか調査します。
 兄弟が亡くなっていれば、その子まで調査します。















山本安志法律事務所(神奈川県弁護士会所属)
〒231-0021
神奈川県横浜市中区日本大通18
KRCビルディング9階
045-662-6302
045-662-7142

地図はこちら