山本安志法律事務所
PC版はこちらです


相続に関するお悩みに、弁護士8名の体制でお応えします。平日・夜間・土曜日法律相談を実施しています。


遺言により、各相続人の取得する財産が具体的に記されている場合を除いて、

 1.誰が
 2.どの財産を
 3.どの方法で
 4.どれだけ取得するか

について、相続人全員で協議し、相続財産を分けます。
遺産分割協議に相続人全員が参加していなかった場合は、その分割協議は無効となってしまいます。

遺産分割をする場合、以下の3つの方法があります。

現物分割
遺産そのものを現物で受け取る方法です。
現物分割は、各相続人の相続相当分通りに分けることが困難で、相続人間の取得格差が大きい場合、その分を他の相続人に金銭で支払うなどして調整します(代償分割)。

代償分割
相続分以上の財産を取得する場合、その代償として他の相続人に金銭を支払う方法です。

換価分割
遺産を売却して金銭に変換した上で、その金額を分ける方法です。現物を分割してしまうと価値が低下する場合などは、この方法が採られます。

遺産分割協議はあくまで、相続人間での任意の話し合いです。遺言書がある場合でも、受遺者は放棄することができ、法定相続分とは違う分け方にすることもできます。つまり、相続人全員で協議し、全員が賛成すれば、財産をどのように分けても良いのです。















山本安志法律事務所(神奈川県弁護士会所属)
〒231-0021
神奈川県横浜市中区日本大通18
KRCビルディング9階
045-662-6302
045-662-7142

地図はこちら